やわらん.net
    中国の常識、非常識。文化や歴史、雑学も。おもしろいところを紹介。

中国の文化
伝統

中国の祝日
Holiday

スポンサーリンク

中国の宗教

中国なんでも
ランキング

日本に対する感情


ホーム>中国の文化>中国の祝日>七夕節

中国の祝日−七夕節
七夕節 2014年の七夕節は8月2日(土曜日)
旧暦太陰暦の毎年7月7日に祝われる。
七夕節とは?

中国語では「七夕節」チーシージエ(qi1xi1jie2)と発音する。

七夕節



中国の伝統的な祭日「七夕節」は旧暦の7月7日。
日本では旧暦ではなく新暦の7月7日に祝われるようになっている。
中国では近年、七夕は中国伝統の「バレンタインデー」とも言われているが、日本ではお願い事をする日とされている。


七夕の夜には、座って織姫星と夏彦星を眺めるのが古くから伝わる中国人の習慣。(これは日本と同じ)
伝承によれば、年に1度この日の夜に、天の織姫と夏彦(中国では牛郎と呼ばれる)はカササギの橋で出会う。織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。その由来から、一般の女性たちがその織姫に知恵と裁縫の巧妙な裁縫技術を乞い、また円満な結婚を祈り求めることから、この日は「乞巧節」とも呼ばれる。 「女児節」とも呼ばれている。

「七夕節」の起源

昔、天帝の娘.織女と牽牛がひそかに愛し合い男女をもうけたが、天帝の怒りに触れ、織女は人間の世界から追放されてしまう。
その後、織女と牽牛は1年に1度、旧暦7月7日のみしか再会を許されなくなった。 七夕の夜、天の川を隔てて輝く、 わし座 の1等星アルタイル(牽牛星)彦星と こと座 の1等星べガ(織女星)織姫が 一年に1度だけ逢うことを許された夜...
それが七夕。

七夕にまつわる神話 夜空に輝く天の川のほとりに、天帝の娘で織女と呼ばれるそれは美しい天女が住んで居いた。
織女は、天を支配している父天帝の言いつけをよく守り、毎日機織りに精を出していた。織女の織る布はそれはみごとで、五色に光り輝き、節の移り変わりと共に色どりを変える不思議な錦。天帝は娘の働きぶりに感心していたのだが、年頃の娘なのに化粧一つせず、恋をする暇もない娘を不憫に思い、天の川の西に住んでいる働き者の牽牛という牛飼いの青年と結婚させることしたのだという。

こうして織女と牽牛の二人は、新しい生活を始めるのだが、二人は新婚生活に夢中で、織女は機織りをしなくなってしまう。

天帝も始めは二人の様子を新婚だからと大目にみていたのだが、さすがに我慢の限界を超えてしまったようで、2人の所へ出向きこう言った、
「織女よ、はたを織ることが天職であることを忘れてしまったのか。心得違いをいつまでも放っておく訳にはいかない。再び天の川の岸辺に戻って機織りに精を出しなさい」
そしてさらに・・・
「心を入れ替えて一生懸命仕事をするなら1年に1度、7月7日の夜に牽牛と会うことを許してやろう」
と。

織女は父天帝に背く事もできず、牽牛に別れを告げると、うな垂れて天の川の東に帰って行った。
それ以来、自分の行いを反省した織女は年に1度の牽牛との再会を励みに、以前のように機織りに精を出すようになる。

牽牛も勿論思いは同じ、働いて働いて...7月7日を待つ。
こうして、牽牛と織女は互いの仕事に励みながら、指折り数えて7月7日の夜を待つことになった ...

ところが、2人が待ち焦がれた7月7日に雨が降ると、天の川の水かさが増して、織女は向こう岸に渡ることができない。
川下に上弦の月がかかっていても、月の舟人は織女を渡してはくれず・・・。
2人は天の川の東と西の岸辺にたたずみ、 お互いに切ない思いを交しながら川面を眺めて涙を流す。

7月7日に雨が降れば...
そんな2人を見かね何処からともなくかささぎの群が飛んできて、天の川で翼と翼を広げて橋となり、織女を牽牛のもとへ渡す手助けをしてくれるのだ。
世界での七夕

七夕(たなばた、しちせき)は、中国、台湾、日本、韓国、ベトナムなどにおける節供、節日の一つ。
旧暦の7月7日の夜のことであるが、
日本では明治改暦以降、お盆が7月か8月に分かれるように、7月7日又は月遅れの8月7日に分かれて七夕祭りが行われる。五節句の一つにも数えられる。

日本の七夕では短冊に願い事を書いてつるす。
七夕節


古くは、「七夕」を「棚機(たなばた)」や「棚幡」と表記した。これはそもそも七夕とはお盆行事の一環でもあり、精霊棚とその幡を安置するのが7日の夕方であることから7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と発音するようになったともいう。

元来、中国での行事であったものが奈良時代に伝わり、元からあった日本の棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれた言葉。

中国での祝い方

日本のように笹飾りをするということは全く無い。
中国ではこの日を、「七夕情人節(七夕のバレンタインデー)」と呼んでいる。実はこの七夕の方が、「恋人の日」と呼ばれていたので、バレンタインデーより七夕の方が中国ではバレンタインデーっぽい。
いずれにしても、イベントであることに変わりはなく、ビジネス界や生花販売の関係者は、盛り上がってくれることを願い、当日に合わせていろいろな花束を用意している。

一般的にプレゼントは男性から女性に贈るのが常識の国であるゆえ、当然この日も男性が恋人の女性にバラをプレゼントする。
人気のカラーはやはり「赤」。それに「LOVE」などとかいた風船など小物を添えて・・・
当日会えない場合は、彼女の自宅やオフィスに届けることもする。
もちろん花でなくてもプレゼントでもOK

2013年の中国の七夕では七夕キス大会なんてのも開催していた
七夕キス

七夕キス

七夕キス

中国の祝日一覧はこちら

Photo by やわらん.  Base template by WEB MAGIC .   Copyright(c)2011 やわらん.net All rights reserved.