やわらん.net
    中国の常識、非常識。文化や歴史、雑学も。おもしろいところを紹介。

中国の文化
伝統

中国の祝日
Holiday

スポンサーリンク

中国の宗教

中国なんでも
ランキング

日本に対する感情


ホーム>中国の文化>なんでもランキング>中国ハイテク企業の給料

中国ハイテク企業の給料(世界ランキング)企業別
中国ハイテク企業企業の平均給料ランキング
2012年10月31日、中国の企業の中でも、平均給料が高いと思われるハイテク企業のランキングが明らかにされた。

中国ハイテク企業の平均給料ランキングTOP10
ランク 企業 平均給料(元) 平均給料(円)
第1位 グーグル アメリカ 18,160 元 227,000 円
第4位 マイクロソフト アメリカ 13,789 元 172,362 円
第10位 アップル アメリカ 11,967 元 149,587 円
第18位 ファーウェイ 中国 10,067 元 125,837 円
第20位 テンセント 中国 9,976 元 124,700 円
(中国市場調査会社のアイリサーチが発表した2012年の世界ハイテク企業25社平均月給ランキング)

このランキングの平均給料は中国でのものとなる。
さすがにアメリカ企業は強いな。

グーグル
グーグルは給料だけじゃなく待遇も福利厚生もいいな。。先ごろ、「死亡手当」を発表している。社員が死亡すれば、その後10年間にわたって毎年、配偶もしくはパートナーに死亡した社員の給与の半分を支給し続ける。こうした待遇は他社ではみられない。
社員のモチベーションを維持するため、グーグルは無料の食事や屋外スポーツ施設を提供し、毎週各界の著名人を招いて講演を行っている。
産後休暇は女性社員が18週間、男性が12週間。
こうした福利厚生により、グーグルは米ビジネス誌「フォーチュン」の「最も働きがいのある企業」1位に選ばれている。

マイクロソフト
マイクロソフトの福利もグーグルに続く。マイクロソフトからグーグルに転職した元社員はかつて、グーグルのエリック・シュミット会長に対して、「グーグルの医療保険、歯科補助や眼の健康維持のためのコストは、マイクロソフトにはるかに及ばない」と文句を言ったという。
新製品が発売されれば社員に贈る。マイクロソフトのスティーブ・バルマーCEOは今年の年次総会では「12月には全従業員に、Windows8搭載PC・タブレットPC・スマートフォンを配布する」と言っている。

ファーウェイ(華為科技)
ランキングの中では中国企業としてトップにランクインしている。
ファーウェイは社員に賃貸料が月数十元から100元という安価で寮を提供している。同社は2012年1月には深センのファーウェイ本部付近に社員向けの保障性住宅を建設すると発表した。社員は1平方メートル当たり8296元で住宅を購入できる。周辺の相場は1万5000元ほど。
この会社は通信機器の研究開発や製造、マーケティングのハイテク企業で売上高はエリクソンに次いで世界2位。
そしてモバイル・ブロードバンド製品、モバイル・ソフトスイッチ、パケットコア製品、光ネットワーク製品では世界シェア1位。
2010年2月にアメリカのビジネス誌「ファスト・カンパニー」では世界で最も革新的な企業ランキングでfacebook、Amazon、Apple、Googleに続き、第5位に選ばれている。

テンセント(騰訊)
平均月給ランキングでは順位が低いが、テンセントの福利厚生も手厚い。テンセントの1人当たりの年末手当は4万元以上(つまり50万円近くになる)。年末手当は業績によって決まるもので、最も利益が大きいゲーム部門の年末手当はかつて月給の48カ月分に上った。テンセントの規定により、社員の能力や業績がある等級に達すれば、ストックオプションを申請できる。
董事会は2010年、366万株をボーナスとして1454人の社員に与えた。当時の株価130.4香港ドルで計算すれば、総額は4億香港ドルを超える。
テンセントは12年6月、勤務開始から満3年の場合で、20万〜309万元の無利子貸付を利用できると発表した。返済期間は6年間。現在、申請者の第1陣が既にこの貸付を受けた。

Photo by やわらん.  Base template by WEB MAGIC .   Copyright(c)2011 やわらん.net All rights reserved.