やわらん.net
    中国の常識、非常識。文化や歴史、雑学も。おもしろいところを紹介。

中国の文化
伝統

中国の祝日
Holiday

スポンサーリンク

中国の宗教

中国なんでも
ランキング

日本に対する感情


ホーム>中国の文化>2012年の中国を表す漢字

2012年の中国を表す漢字
中国教育省と国家言語委員会は2013年6月5日、『2012年中国言語生活状況報告』を発表。

2012年の中国の漢字は「夢」,単語は「釣魚島」
2012年の中国の漢字は「夢」,単語は「釣魚島」

『2012年中国言語生活状況報告』によると、2012年によく使われた漢字は
「微」,「奥」,「習」,「島」,「八」,「倫」,「釣」,「叙」,「艦」,「嬛」などで

語彙(単語)は
「釣魚島」,「中国夢」,「十八大」,「生態文明(エコ文明)」,「電商(eコマース)」
「新能源(新エネルギー)」,「欧州杯(UEFAサッカー欧州選手権)」,「正能量(プラス・エネルギー)」,「三沙市」,「交会対接(ランデブー・ドッキング)」

と発表。

北京言語大学の楊爾弘教授は、
「使用頻度が大きく変わった漢字と語彙は、人々が何に注目しているかの変化を表している。例えば、「微」はメディアが「政務微博(役所のミニ・ブログ)」と「微小企業(零細企業)」を盛んに報道したからだし、「釣」は去年の釣魚島問題への関心を示している。また、「嬛」は「甄嬛伝」というTVドラマが大ヒットしたおかげだ」
と指摘している。

報告は、「これらの漢字と語彙は世相をリアルに反映すると共に、国民の記憶の客観的な記録にもなっている」としている。


「中国好声音(チャイナ・ボイス)」,「莫言熱(莫言ブーム)」
「最R民族風(きらめく民族スタイル)」,「你幸福嗎?(幸せですか?)」

といった言葉からは、2012年の国民生活の全貌がうかがえる。

「十八大(中国共産党第十八回全国代表大会)」,「神九(神舟九号宇宙船)」
「正能量(プラス・エネルギー)」,「中国夢」

などは輝かしい中国を描いているし、

「釣魚島」,「選挙年」,「倫敦奥運(ロンドン五輪)」,「叙利亜危機(シリア危機)」
は、昨年の激しく動いた国際情勢を示している。

2012年の全国言語資源データバンクから抽出した585の新語は依然として、2文字、3文字、4文字の言葉が主となっており、そのうち漢字だけの語彙は574、全体の98%を占めていた。

(2013年6月5日記事)

Photo by やわらん.  Base template by WEB MAGIC .   Copyright(c)2011 やわらん.net All rights reserved.