やわらん.net
    中国の最新ニュースを現地からお届け…

コラム7−日本における中国人生活保護の実態(2013年6月)

沖縄県尖閣諸島を執拗に狙う中国、脅かされているのは日本の領土だけではない。
日本人の血税でまかなわれる社会保障費も食い物にされている。


2013年1月に大阪で生活保護費を不正受給しながら4100万円をため込んだ60代の中国人夫婦が逮捕されたが、これも氷山の一角だろう。
不正蓄財で本国にマンションを買い、さらに「3000万円ためた」と豪語する者もいる。
すべての日本にいる中国人がそうだとは言わないが、簡単に生活保護申請ができる日本を彼らが常に隙をうかがっていることは言うまでも無い。

「故郷の人はみんな、日本に来たがるよ。仕事には困らないし、手当て(=生活保護費)ももらえる。向こうでは『黄金の国』って言われてる」
ある中国人女性の(40)はこう言う。

彼女Aと呼ぶことにしよう。
Aは15年前に遼寧省から来日。
顔も合わせたことのない日本人男性と偽装結婚し、永住権を取得した。
中国人クラブやスナックなどを渡り歩き、いまは都内の繁華街でホステスとして働いている。
月収は多い時で100万円。平均的に60万−70万円の稼ぎがあり、これ以外に月十数万円の不労所得が入ってくる。
「生活保護をもらってるの。もう4年くらいになる。稼いだお金はほとんど貯金に回してる」

故郷に住む両親のため、中国東北部の郊外都市に400万円でマンションを買った。
「それでもまだ3000万円の貯蓄が残っている。夢は都心湾岸エリアの高層マンションを買うこと」
と笑っていた。

生活保護は本来、
「生活に必要な収入を得るだけの労働が不可能な人」
のみが得られる福祉制度で、資産を持つことは原則、認められていない。

彼女を一体どのようにして規則をかいくぐっているのだろうか?
「お金は中国の口座に入れているから、バレる心配はない」
確信犯だ。


さらにAは
「生活保護をもらう前は、国保(国民健康保険)でお小遣い稼ぎもしていた」
と明かす。

国保の小遣い稼ぎとは、国保加入者が海外滞在中に病気やけがで治療を受けた場合、治療費の一部が返還される「海外療養費支給制度」の悪用を指す。
「中国で治療を受けたことにして日本で手続きすると、お金が返ってくる。知り合いに頼んで偽造書類を作ってもらうから簡単。分け前を払えばいくらでも協力してくれた」


中国人が日本の生活保護を搾取
中国人が日本の生活保護を搾取


このように海外療養費をめぐる不正は後を絶たない。
2012年7月の住民基本台帳法の改正で、3カ月以上、日本に滞在する外国人も制度の対象になったことが要因として挙げられる。
先日には大阪府堺市で、2年近く虚偽申請を繰り返して約240万円を詐取していた中国人グループが逮捕された。

相次ぐ公金詐取について、捜査関係者の一人は
「詐欺のノウハウが中国人社会の間で共有されている」
と指摘し、こう解説する。
「遼寧省、吉林省、黒竜江省の中国東北部出身者が集まってできた『東北幇(とうほくばん)』と呼ばれる犯罪組織があある。奴らが指南役となり、同郷の中国人に詐欺マニュアルを口伝して手数料を取っているとみられる」

Aも実際に「東北幇」の関係者から生活保護などの不正行為を教わったという。

厚生労働省のデータをみると、中国人の生活保護受給者は2005年度で2609世帯だったが、10年度には4018世帯になった。
「5年で1・5倍に膨らんだのは不況を背景としたリストラだけとは言い切れない」と捜査関係者はみる。

外国人の生活保護受給実態
外国人の生活保護受給実態


厚労省も
「現在は入管難民法が厳格化され、自治体や政府に財政的な負担になるような外国人の入国は厳しく制限されるようになっている。生活保護の受給審査の際には、入国管理局と連携し、申請者の身元などを再度チェックするようにしている」(担当者)
と躍起だが、抜本的な解決には至っていない。

元警視庁通訳捜査官で、『通訳捜査官−中国人犯罪者との闘い2920日』(経済界)の著書がある坂東忠信氏は
「日本の社会保障制度は手厚くて抜け道が多い。そのため不良中国人の格好の食いぶちになっている。現制度は、外国人による不正リスクにさらされる国際化時代に対応できていない。リスクの高い犯罪をおかさなくてもコンスタントに稼げる。ノウハウはコミュニティーの中で拡散するから、個別に検挙していっても不正がやむことはない」
と警鐘を鳴らす。

公金泥棒をなくすには…。法制度のあり方を見直すと同時に捜査態勢の再構築が不可欠だ。


日本に永住、在留する外国人は徐々に減少しているが、生活保護を受ける人は急速に増えている。
厚生労働省の最新の調査(平成23年)では外国人受給者は4万3479世帯、月平均で7万3030人に上る。
10年前からほぼ倍増し、ここ数年の伸びは年に5千世帯のハイペースだ。「ただ乗り感覚」の受給者の存在を指摘する関係者もいる。

国籍別では韓国・朝鮮人が最多。国民年金に加入していなかった在日韓国・朝鮮人の「無年金世代」が高齢化しているのが最大の要因だろう。

伸び率が急速なのは、1980年代以降に来日したフィリピン、中国、ブラジル人らの「ニューカマー」と呼ばれる人たち。東海地方で自動車などの製造ラインを担っていた日系人らの多くがリーマン・ショック後に失業、生活保護になだれ込んだ。

ブラジル人居住者が全国最多といわれる浜松市ではリーマン後に一時、ブラジル人の保護率が8%に達した。
単純労働に従事する外国人ほど景気の波に左右されやすく、言語の壁から次の就職先もなかなか決まらない。雇用保険の給付期間を挟んで、失業が生活保護に直結しているのが現状だ。

日本人の配偶者だったフィリピンや中国出身の女性らが夫婦関係の悪化やDV(配偶者間暴力)などの理由で離婚しても、子供が日本で教育を受けていれば、シングルマザーとして国内にとどまることに。この場合、「配偶者」から「定住者」へ資格変更して、生活保護を受給するケースも多い。
「母国に帰っても生活保護の水準まで稼げない人が多い。フリーライド(ただ乗り)感覚の外国人受給者もいる」(ある自治体の担当者)
といい、外国人の場合も保護の長期化が懸念されている。


中国人が中国で受け取る生活保護保障(写真は甘肃省の一受給者)
中国人が中国で受け取る生活保護保障

スポンサーリンク
最近の中国ニュース
記事を写真で見る(気になる中国ニュース)


在日中国人が日本にいると身に付いてしまう12の習慣(2015年06月27日)     中国の若者、6割が旧正月後に転職(2015年03月11日)     2014年日本人に人気だった海外旅行先ランキング(2015年02月11日)
春節期間中、延べ37億人が大移動!(2015年01月26日)     主要10カ国の首脳−好感度ランキング(2014年12月19日)     南京事件で「謝罪と賠償」求める書簡を日本に送付(2014年12月07日)
ためになる中国ニュース
2014年のまとめニュース
2013年のまとめニュース
2012年のまとめニュース
天津ニュース
調査結果−世界で一番ストレスが多い国は中国−(2012年10月23日)
2012年版・生活コスト都市別ランキング
最新ニュースは大手サイトから

天津ビジネスニュース
天津のヤマダ電機が閉店、開店まだ1年
総経理必見−2013年の中国の賃金上昇率はいかほど?
天津のトヨタ工場1週間の操業停止を決定
2011年末までに4999社の外資系企業が濱海新区に進出
天津の一人当たりの消費支出は月に1659元(約20750円)
中国の生活保護、携帯電話とパソコン有でも申請可能
2011年中国空気の質ランキング−天津は17位
2012年7月1日から天津市の失業保険の給付額を引き上げ
中国当局が日本人へのZビザ発給を全面的に無期限停止か?(2012年10月12日)
中国面白ニュース
中国が世界一高い高層ビルを建設予定、トンデモナイ計画が(2012年11月)
中国の国慶節は中国人の民度とモラルの低さを顕わに(2012年10月05日)
中国的設計−江蘇州で橋が決壊、トラックが落下(2012年10月22日)
漫画「ワンピース」が中国の新聞で連載開始
コラム
コラム1−中国の経済停滞が明らかに
コラム2−中国から日本企業が続々と撤退していく
コラム3−賃金に対するストライキが異常1日500件?
コラム4−中国生活でのストレス・7つの原因
コラム5−中国式○○−中国人のマナーは−
コラム6−中国人の特徴−日本人から見た6つの特徴−
コラム7−日本における中国人生活保護の実態
コラム8−中国人が一番嫌いな中国の都市
コラム9−誰も知らない中国ビジネス5カ条
ブログニュース(中国人の見る日本とは?)
ブログニュース1−「日本に来て初めて知ったこと」
ブログニュース2−「日本人にある10個の矛盾」
ブログニュース3−「日本人は高齢者に席を譲らない?」なぜ?
ブログニュース4−「日本は韓国とは違う、ヨーロッパのようだ」中国ネット
ブログニュース5−「在日中国人が日本にいると身に付いてしまう12の習慣」中国ネット
総合中国
期限切れ肉を「上海福喜食品」から輸入
尖閣諸島問題に決着のつく証拠が
尖閣諸島問題
釣魚島は中国の領土と主張する理由
中国のインターネット規制
対中経済援助
南シナ海問題
ウイグル族関連問題
中国高速鉄道事故
2011年6月の中国大洪水

スポンサーリンク



Photoby やわらん.  Basetemplate by WEB MAGIC .   Copyright(c)2011 やわらん.net All rights reserved.