やわらん.net
    中国語…納得、こんな風に使えるのか…

かゆいところに手が届く
中国語講座

スポンサーリンク

日常生活
中国語講座

ホーム>なるほど中国語>(-n)と(-ng)の違いは?

(-n)と(-ng)の違いは?
中国語のピンインには(-n)と(-ng)で終わる単語がありますが、中国人によく指摘されます。
いまのは(n)で終わっていた、それでは意味が違ってくる。などなど。
どうしたら区別できますか?どのようにとらえたらいいですか?

(-n),(-ng)で終わる韻母を鼻韻母といいます。
この二つの音の区別は日本人にとってとても難しいようです。理由はいくつかありますが、基本的には日本語の語尾には(-n)で終わるものがあっても(-ng)で終わるものがないからです。 日本語ではこのふたつを「ん」と発音し、区別するものや比較するものがないのでないので、中国語を勉強するにあたってこの発音は越えなければならない一つの山といえるでしょう。

それでもこの二つ(-n)と(-ng)
表示では区別できないまでも、日本人なら自然と使い分けができているようなんですよね〜、ただ気がつかないだけで…。
それはいったいどういうことなんでしょうか。

ちょっと練習してみましょう。自分の発音するときの舌の使い方と音の出方に注意してみましょう。

二つの言葉を発音してみて下さい。
「禁止」(きんし)と「金魚」(きんぎょ)です。

そうです。ゆっくり注意して発音しましょう。「禁止」・・・・・・・「金魚」・・・・・・

気がつきましたか?
「禁止」の“きん”と「金魚」の“きん”は同じ音ではありません。

「禁止」(きんし)のほうの“きん”は(kin)ですね。
そして「金魚」(きんぎょ)のほうの“きん”は(king)です。

(-n)は舌先を上の歯茎にの裏につけて「ん」の発音をします。
(-ng)は舌を上の歯茎にもつけず、鼻から音をだすような感じで「ん」を発音します。

つまり(-n)は口を横に開く感じで、「ナ」の出はじめの舌の位置で発音しますが
(-ng)は口をたてに開くように「カ」の出はじめの舌の位置で発音します。


ここまで(-n)と(-ng)の違い、発音の仕方がだいたい理解していただけたでしょうか?
さてここからは(an)と(ang)の違い、(in)と(ing)の違い、(en)と(eng)の違いについて詳しく見てみましょう。

(an)と(ang)の違い (an)はaとnの組み合わせなので、(a)の音ではじまって(n)で終わる。
つまり舌先を上の歯茎の裏につけて終わるように発音します。ちょうど日本語の案内(あんない)の(あん)のような発音です。

(ang)はaとngの組み合わせで、(a)の音から(ng)で終わる。つまり舌をどこにもつけないで終わるように発音します。この場合の音はちょうど案外(あんがい)の(あん)のような音です。

(in)と(ing)の違い (in)は(an)と同じ要領で発音します。ちょうど院生(いんせい)の(いん)のような発音です。

(ing)は(ang)と同じ要領で、日本語で(イングリッシュ)という時の(イン)の発音に似ています。

(en)と(eng)の違い (en)も同じように(an),(in)の要領で発音します。ちょうど日本語の大変(たいへん)の最後の(ん)に似ています。

(eng)も(ang),(ing)と同様でその発音は日本語の漢文(かんぶん)の最後の(ん)と同じです。

最後に(ong)ですが、これは区別する音がほかにないので、そのまま(おん)と発音すれば大丈夫です。

Photoby やわらん.  Basetemplate by WEB MAGIC .   Copyright(c)2011 やわらん.net All rights reserved.