やわらん.net
    中国の大気汚染に関する情報をまとめてみた。大気汚染から身を守る方法は?

中国の大気汚染

スポンサーリンク


ホーム>中国の大気汚染>>PM2.5大気汚染から身を守る>空気清浄機の比較−海外メーカー別

空気清浄機の比較−海外メーカー別

ここでは各メーカーの空気清浄機の特徴について比較してみたい。
主要海外メーカーだ。日本だけではない、世界トップクラスの規準を持つメーカーたちだ。。


北欧で生まれたブルーエアの空気清浄器

世界NO1を実現したのはブルーエアの独自テクノロジー
1.世界規準ナンバー1と言えるのは?
世界には空気清浄機の比較・選定のための明確な基準がある。それが、米国家電製品協会(AHAM)が定める「CADR(Clean Air Delivery Rate/ クリーンエア供給率)」
粒子径サイズの異なる「花粉」「ホコリ」「タバコ煙」という3 種類の汚染物質について、これらを含んだ空気をいかに速く効率的に清浄できるか、空気の浄化スピードを数値化したもの。 国内メーカーを含む世界の空気清浄機が同条件のテストに参加した中で、ブルーエアは「花粉」「ホコリ」「タバコ煙」全項目で最高値を取得。つまり世界基準ナンバー1の空気清浄機なのだ。

2.「清浄スピード」もナンバー1
日本では「除去率」ばかりがもてはやされ、「清浄スピード」はあまり注目されていない。しかし世界規準で見るとスタンダードは「高い除去性能」はもちろんのこと、キレイな空気を供給する「清浄スピード」の速さにある。 いままで難しかったこの両立をブルーエアは独自の特許技術HEPASilent® テクノロジーで実現。世界基準ナンバー1となっている。

3.デザイン性はなくとも性能はピカイチ
たとえば、除去力を重視してフィルターの目を細かくすると、空気が通りにくくなってスピードが低下する。スピードを重視してフィルターの目を粗くすると、こんどは、微粒子が通り抜け、除去力が低下する。 ブルーエアは独自の粒子イオン化技術と高性能フィルター技術によりこの難問を解決。

4.空気清浄に限れば誰もが認めるナンバー1

ブルーエア
ブルーエアの空気清浄器の公式ページ(別ウインドで開く)


ブルーエアの空気清浄機、特徴と説明、注意点

空気中には、花粉、ウイルス、細菌、ホコリ、化学物質など目には見えないごく小さな汚染物質が浮遊している。
小さな物質ほど空気中を漂う時間が長くなり、人が吸い込みやすくなってしまい、恐ろしいことにある一定の大きさ以下の粒子は、人体に影響を及ぼす可能性があると言われている。
ブルーエアは、0.1μmというごく細かい物質までも99.97%除去できる、高い除去性能を誇る高性能空気清浄機。

設置方法:
吸い込みは本体左右と下部と背面から行い、どこからでも吸えるのが一番の売り。
このメーカーの空気清浄機は「CADR」というクリーンエア供給率の国際基準に準拠しており、日本メーカーはこれに準拠はしていない。

ユニット・フィルターについて:
メンテナンスのフィルターが外しやすく、掃除しやすい。フィルターが6ヶ月交換で6000円程度。

その他:
ボタン操作が簡単。国内メーカーみたいに細かいボタンではなく、大きい液晶で、単純に風の量調節やタイマーのみ。


楽天より、最安価格の商品を表示(ブルーエア空気清浄機)
      
ブルーエア270EK110PAW
ブルーエア450EK110PAW
ブルーエア650EK110PAW



スウェーデン生まれの空気清浄器ライトエアー

斬新でスタイリッシュなイオンフロー50
1.世界で一番スタイリッシュな空気清浄機
ライトエア・イオンフロー50は、インターナショナル・デザイン・エクセレンス賞(IDEA)を始めとする、数々の権威あるデザイン賞を受賞。インテリアとしても最適、いかにも工業製品といった外見の空気清浄機に代わる、スタイリッシュな選択肢。

2.スタイリッシュだけじゃない斬新は空気清浄テクノロジー
イオンフロー50はプラスの電荷を帯びたコレクターを使って、空中のマイナスの電荷を帯びた粒子を効率的に集め、実質的に粒子を集める大きな磁石の役割を果たしている

3.他の追随を許さない大量のイオンを発生し、静電気微粒子を除去。
ライトエア・イオンフロー50空気清浄機が、市販の他のイオン発生機と違うところは、副産物としてのオゾンを発生することなく、非常に大量のマイナスイオンを発生することができること。

4.空気清浄に限れば誰もが認めるナンバー1
マイナスイオンを大量に発生する能力があるので、最高級のHEPAフィルター式空気清浄機と同レベルの効率を達成しながら、これらの空気清浄機のように騒音や電力消費量が高くなく、高額なフィルター交換が要らない。

ライトエア−
ライトの空気清浄器の公式ページ(別ウインドで開く)


ライトエアーの空気清浄機、特徴と説明、注意点

ライトエア−

SP(スウェーデン政府産業省所管の政府関連機関)により、数種類の主な空気清浄機の微粒子除去性能がテストされた。このテストで、ライトエア・イオンフロー50は、事実上全ての空中浮遊粒子を効率的に除去すること、および、超微小で最も有害な粒子を特に効率的に除去することが実証された。実際HEPAフィルター式の空気清浄機の最高機種の1つと同等の結果を出したが、ライトエアには、騒音や、高い電力消費、高額のフィルター交換の必要はない。

設置方法:
吸い込むタイプではなく、イオンを発生させるタイプなので設置場所を選ばない。
静電気によって空気中の微粒子を捕集するため、イオン発生装置に触るとぴりりとする。触らないようにするための保護ガードも有。
またライトエア・イオンフロー50には、設置場所別に3種類のモデルがある。床用、床/テーブル用、天井用。

ユニット・フィルターについて:
フィルターがないのでコストパフォーマンスが高い。代わりに水洗いで汚れを落とす。

その他:
運転音は、5デシベル未満。ちなみに、室内では45デシベルで活動が妨げられ、支障をきたしたりイライラしたりするとされる。他のほとんどの空気清浄機の騒音レベルは35~80デシベルことを考えると格段に静か。

楽天より、最安価格の商品を表示(ブルーエア空気清浄機)
      
ライトエアー・イオンフロー50
スタイル
ライトエアー・イオンフロー50
サーフィス
ライトエアー・イオンフロー50
シグニチャー




Photo by やわらん.  Base template by WEB MAGIC .   Copyright(c)2011 やわらん.net All rights reserved.