やわらん.net
    中国の大気汚染に関する情報をまとめてみた。大気汚染から身を守る方法は?

中国の大気汚染

スポンサーリンク


ホーム>中国の大気汚染>中国大気汚染が人体へ及ぼす影響

中国大気汚染が人体へ及ぼす影響

健康被害をもたらす PM2.5は直径が2.5μm(2.5mmの千分の1)以下の超微粒子の総称で、
呼吸時に汚染された空気を吸い込むことで、肺がんやぜんそく、気管支炎を引き起こす。

小さな粒子の方が気管を通過しやすく、肺胞など気道より奥に付着するため、人体への影響が大きい。

PM2.5が年平均100mg/m³になると、呼吸器への影響、全死亡率の上昇などがみられる。
このためSPMの環境基準は、1時間値の1日平均値が0.10mg/m³以下、1時間値が0.20mg/m³以下、と定めている。

しかし現在の北京市の大気中濃度は、安全基準の20倍。
中国全土の13%である日本の3倍以上の面積が汚染物質のスモッグで覆われている。


中国の大気汚染物質である硫酸塩エアロゾルの濃度が高い時は、空が青くても、眼と気道に刺激を感じ、ひどい時は鼻水や咳、ひどい人では鼻血や結膜炎が出る人もいる。

その他にも
・後頭神経痛
・頭痛
・鬱
・神経痛
・アレルギー症状の悪化
などが見られ、化学反応によって 発がん性物質にも変化するため、かなり危険な物質だと言える。
PM2.5についてのページに移動してくわしく見る


さらに大気汚染物質の中に含まれる窒素酸化物によって
・頭痛
・めまい
・中核神経・肝臓・腎臓などの機能障害
を起こすことがある。


スモッグを発生させる もちろん、健康被害とも大きな関係がある。

スモッグ(大気汚染粒子SPM)とは粒径10μm以下の毒性のあるスス。
公害に伴って発生し、空を霞ませる。

pm2.5の大きさ

pm2.5の大きさ

このスモッグも、中国に近い西日本をはじめ、日本全土に偏西風に乗ってやって来ている。

上記の画像でモヤモヤしているのはスモッグ。
中国ではPM2.5の超微粒子のほかに、目視可能な有毒ススが大量発生している。

中国のスモッグの中身は一体何なのか?

PAH(多環芳香族炭化水素)発ガン性あり
DEP(ディーゼルエンジンの排気ガス粒子)アレルギー症状を悪化させる
PM2.5(微小粒子状物質)人体組織の奥に吸入されてしまう

このスモッグは日本でよく聞く光化学スモッグとは別物。

・PAHとは、多環芳香族炭化水素で、発ガン性がある。
・VOCとは、大気中に揮発した炭化水素の揮発性有機化合物(沸点が50℃〜260℃)の総称。
      トルエン、ベンゼン、フロン類、ジクロロメタン、ホルムアルデヒドなど
      溶剤や燃料として使用され、発ガン性を持つものもある。
・NOxとは、窒素酸化物で、自動車の排気ガスの他、窒素化合物が含まれる石炭を燃焼させた時にも発生。

Photo by やわらん.  Base template by WEB MAGIC .   Copyright(c)2011 やわらん.net All rights reserved.