やわらん.net
    中国の大気汚染に関する情報をまとめてみた。大気汚染から身を守る方法は?

中国の大気汚染

スポンサーリンク


ホーム>中国の大気汚染>中国大気汚染の原因

中国大気汚染の原因

大気汚染の原因は一体なにか? まず一つ目に原因は石炭にあると見られている。

原因@
毛沢東政権時代の1950年から30年間行われた中国華北での冬季暖房用石炭の無料配布政策


米マサチューセッツ工科大学(MIT)のマイケル・グリーンストーン教授(環境経済学)が発表したこんな研究論文がある。

「影響を受けた住民は5億人に上り、25億年分の寿命が奪われたという。中国では今冬から春にかけ微粒子状物質「PM2.5」による大気汚染が深刻化したが、石炭の燃焼で発生する粉(ふん)塵(じん)が主な原因といわれている。世界の石炭消費量の半分以上を占める中国にとって、粉塵が人体に深刻な影響を及ぼすことを示した研究論文の衝撃は大きい。われわれは(石炭燃焼による大気汚染の)影響の大きさに驚いている」

石炭無料配布の対象は、中国中部を流れる三大大河の一つ「淮(わい)河(が)」の北側(華北)の家庭や事務所。

そして1981〜2001年までの華北と華南の大気の状況を比較みると、石炭を燃焼した際のすすや煙に含まれる大気浮遊粉塵(TSP)の濃度は、華北の方が最大で55%も高かった。

さらに研究チームが1991〜2000年の死亡統計を分析したところ、華北の住民の平均寿命が華南より5.5年も短くなっていたことが判明した。
グリーンストーン教授は「長期の大気汚染、とりわけ粉塵にさらされることで寿命が著しく短縮されることが、より強い確信をもって言える。あの政策の(負の)遺産を今日まで引きずっているのだ」と語った。


原因A
中国では今も、石炭燃焼により「暖気」とよばれる暖房設備が中国北側の各家庭にある。


中国の石炭依存度は高いまま。中国の昨年の石炭消費量は前年比9%増の38億トンに上り、初めて世界の総消費量の半分を超えたという。
エネルギー構造の転換は容易ではなく、中国国民の健康がむしばまれ、寿命が奪われ続ける懸念が拭えない。

中国の大気汚染



大気汚染の原因は一体なにか? 二つ目に自動車の増加

02年に325万台だった中国の自動車販売台数は12年には1930万台に達した。
10年で6倍増加。08年のオリンピック開催以降の伸びが顕著3年で2倍になっている。

また中国のガソリン品質の基準は、石油会社が儲けやすいように非常に緩くなっている。
北京などの大都市では、品質の悪いガソリンを入れた自動車が大量に走り回っているのが現状。
そのため、NOxなどの排気ガス、ディーゼル粒子などの物質が大量にまき散らされている。

中国の大気汚染



大気汚染の原因は一体なにか? 三つ目は工場の排ガスや規制が緩いこと

北京市を囲む河北省全般に様々な分野の工場が乱立し、厳格な廃棄、排ガス規制がないことも相まって、北京周辺は常にスモッグが覆っている。

この有害な煙霧(スモッグ)について、中国件科学院は発生源が河北省との調査結果を発表。
結果として河北省に対する行動計画で、特定の産業分野での新プロジェクト立ち上げの禁止、老朽化した製鉄所やセメント工場の閉鎖、石炭利用の削減などの方針を打ち出している。

中国の大気汚染


Photo by やわらん.  Base template by WEB MAGIC .   Copyright(c)2011 やわらん.net All rights reserved.