やわらん.net
    中国で仕事ができるのか?どんな仕事があるの?どうしたら就労ビザがとれる?

中国で仕事
就職する

スポンサーリンク

中国(天津)での就職
紹介します


転職ランキング





ホーム>中国で仕事をする>中国で日本語教師をする

日本語教師
日本語教師はどんな仕事?
説明する必要もないと思うけど中国人に対して日本語を教える仕事。
中国にきて改めて気づいたのが、日本に対する好感情を持っている人がたくさんいるということ。特に若者達の間で日本に対する期待や好奇心が高まっている。
たとえば漫画やアニメ、歌手などを筆頭に若者達の間では日本の話題に事欠かない。だから日本人というだけである程度有利だと思う。
実際たくさんの若者達が今、日本語を勉強したがっている。
どうやって探す?
いろいろな方法がある。一番効率的かつ実際的なのは自分を売り込むこと。
これはやわらんも実際にやった方法。3,4件の塾、予備校、補講、外国語学校、外国語教室などに行って「日本人の講師は要りませんか?」と尋ねまわった。中国にはそのような学校が驚くほど多い。 もちろんある程度の中国語能力は必要だと思うけど、それほど高いレベルを要求されることはない。だって考えてみてもわかると思うけど日本にくる外国語講師たちの日本語はどのくらいの程度か?
英語の先生がぺらぺらに日本語をしゃべれたらついつい日本語で話してしまうように、もし自分が中国語を流暢に話せるようだとしたら学生達は甘えて中国語で会話をしまうだろう。だからやわらんも日本語教師の仕事を探す時や、面接の時、授業の最初の時には、自分があまり中国語を使えない、使わないようにすることの利点を強調している。

日本語教師になるために!!各都市の求人情報などは
資格や条件はあるのか?
はっきり言うと全く必要ない。
母国語が日本語だということを強調すればいい。だって日本語をしゃべることにおいてはプロだから・・・・。
やわらんが教えていた外国語教室は資格などについて一切聞かれなかった。履歴書の提出も必要なかった。だから逆にびっくりしてしまった。

とはいっても大学や小中高の学校に勤めることになるとすれば資格が必要になってくるかもしれない。またその資格のあるなしで賃金が変わってくるのかもしれない。
はてさて給料はどのくらい?
住んでいる場所や環境、学校のレベルによってもちろん変わってくる。
ちなみにやわらんが外国語教室で日本語を教えていたときは格安の賃金だった。
1つのクラスを担当していて、大体12,3人の高校卒くらいの若者達を担当していたんだけど朝の9時から12時で150元(2300円強)
結構適当で、時間の配分とか、授業の内容とか(教科書を使った)自分で決めてよかったんだけど、かなりまじめにやってしまった。50分を三本で2000円か〜。
今考えると給料が安かったのは悔しいが、結構楽しかった思い出が多い。全くの初級から1クールの54時間が終了した時点でぜんぜんしゃべれなかった生徒達が4級レベルのテストをまあまあこなせていたし、突然呼んだ日本人の講師との会話もそこそこできていたから、終わったときには充実感があった。



もうひとつは語学スクールの教室を借りて個人で教える。
たとえば、これも個人的な経験だけど、1時間120元で教えていた事があった。教室代を1時間40元払っていたので実質は1時間80元の収入となっていた。
教室が開いている語学学校があれば交渉するのもいいかも。

友達に大学で臨時講師をしている人がいるのだけど、彼は1時間150元(2300円)ほどもらっているし、家庭教師をすると1時間100〜150元ほどもらえることもある。

ということで結論を言うと自分のやりやすいスタイルに合わせて探して、仕事をしたら良いと思う。
日本語教師の仕事はほんとにたくさんある。あとはビザの問題と相談して考えよう。

Photo by やわらん.  Base template by WEB MAGIC .   Copyright(c)2011 やわらん.net All rights reserved.