やわらん.net
    中国で生活しよう・・r旅行・仕事・中国語も勉強もしたい

在中日本大使館発
最新情報

スポンサーリンク


ホーム>在中日本大使館情報>コロナウイルスの最新中国情報(COVID-19)

コロナウイルスの最新中国情報(COVID-19)

コロナウイルス対策の徹底 ● 休息、栄養を十分に取り、体に抵抗力をつける。
● 手指等の衛生保持に心掛ける。
● 人との安全な距離を保つ,密閉された空間や人が多く集まる公共の場所等でのマスク着用を徹底する
● 咳やくしゃみの症状がある患者とは、可能な限り濃厚接触を避ける。
● 高熱、咳、呼吸困難等の症状が見られた時は、早めに医師の診断を受ける。


2020年7月03日
●北京市政府は,3日の記者会見において,7月4日0時から,北京市の低リスク地区の者が北京市を出る場合に必要としていたPCR検査陰性証明を求めないことを発表しました。なお,北京市の中・高リスク地区の者が,北京市を出ることは引き続き厳格に禁止されています。
ただし,北京市外の目的地においてPCR検査陰性証明を求める等の措置がとられている可能性もありますので,必ず事前に目的地の社区等に措置の具体的な内容や手続き等をご確認下さい。


2020年6月27日
27日,河北省安新県政府は,新型コロナウイルス感染症対策のため,同日より全県の各村,小区,建物に対する全封鎖管理(外来者・外来車両の立入り禁止など)を実施すると発表しました。措置の主な概要は以下の通りです。なお,安新県では,今般の北京市の感染症関連の症例が6月14日から28日までで13例確認されたとのことです。

(河北省安新県政府が発表した措置の主な概要)
●各村(小区,建物)関係者以外の外来者の立ち入り禁止。

●住民は特別な事情がないかぎり,外出をできるだけ減らす。各家庭は毎日1名の同居家族を指定し出入証を持参して生活物資を1回購入することが可能であり,出入登録(スキャン)と体温測定を行う。ほかの人員は,通院,感染症の予防・コントロールのため以外に外出してはならない。

●各村,小区,建物関係者以外の車は小区に入ることを禁止。すべての車両の出入りに対しては,運転手と乗車人員の出入証を確認。

●管理に従わず,職員の制止を拒み,外出を強行し,集団的な騒ぎを起こした者に対しては,公安機関は,法に基づいて厳正に処理する。

●措置の解除日時は別途通知する。


2020年6月19日
●北京市では,18日にも新型コロナウイルス肺炎の確定診断症例が25例確認され,今月11日からの累計で183例となりました。北京市は,25例のうち21例が北京市豊台区の「新発地農産品卸売市場」と関連があるとしています(残り4例は調査中)。感染者は北京市内9つの区(※)に及び,河北省(12例),遼寧省(3例),四川省(1例),浙江省(1例)など市外にも関連の感染症例が確認されています。 ※豊台区131例,大興区28例,海淀区7例,東城区5例,房山区4例,西城区4例,門頭溝区2例,朝陽区1例,石景山区1例

●北京市政府がこれまで発表した各種対策については,昨日までの領事メールでお知らせし,当館ホームページに掲載しておりますので,在留邦人の皆様はこれら対策に十分ご注意ください。

【中国大使館ホームページ】
(1)突発公衆衛生事件応急対応レベルの引き上げに伴う全15措置

(2)出京に関する措置,社区の封鎖式管理等 ※(1)の措置の出京,封鎖式管理に関する措置をより具体化したもの

●また,北京市以外の省・直轄市においては,北京から来る者にPCR検査陰性証明書の提示を求める,北京市内の中・高リスク地区に14日以内に訪問した者を隔離する等の措置が講じられています。その内容は地域によって異なるため,中国国内の移動を予定している方はご注意下さい。(リスク地区の説明,北京市のPCR検査実施機関については下記を参照下さい。)

●感染症の状況により,今後も更なる措置が発表される可能性がありますので,引き続き,関連する最新情報にご留意下さい。また,各社区や滞在先のマンション等によって措置が異なる場合がありますので,必ず事前に目的地の社区やマンション等に措置の具体的な内容や手続き等をご確認下さい。

●感染に警戒し,手洗い,人との安全な距離を保つ,密閉された空間や人が多く集まる公共の場所等でのマスク着用を徹底するなどし,感染予防に努めて下さい。


Photo by やわらん.  Base template by WEB MAGIC .   Copyright(c)2011 やわらん.net All rights reserved.