やわらん.net
    中国で生活しよう・・r旅行・仕事・中国語も勉強もしたい

在中日本大使館発
最新情報

スポンサーリンク

ホーム>在中日本大使館情報>コロナウイルスの最新中国情報(COVID-19)

コロナウイルスの最新中国情報(COVID-19)

コロナウイルス対策の徹底 ● 休息、栄養を十分に取り、体に抵抗力をつける。
● 手指等の衛生保持に心掛ける。
● 人との安全な距離を保つ,密閉された空間や人が多く集まる公共の場所等でのマスク着用を徹底する
● 咳やくしゃみの症状がある患者とは、可能な限り濃厚接触を避ける。
● 高熱、咳、呼吸困難等の症状が見られた時は、早めに医師の診断を受ける。



2020年9月23日
9月23日、中国外交部及び国家移民管理局が、9月28日0時から、中国の商務(工作)、私人事務及び家族訪問(団聚)の有効な居留許可を有する外国人の入境を許可し、新たな査証申請を不要とすること、居留許可の有効期限が過ぎている場合は、当該居留許可と関連資料により査証を申請できる旨の公告を発表。公告の内容(中国語)と当館仮訳は以下のとおり。

有効な三種類の居留許可を有する外国人の入境を許可することに関する中華人民共和国外交部、国家移民管理局の公告
現在の新型コロナウイルス感染症の情勢及び予防・コントロールの必要に基づき、2020年3月26日に外交部と国家移民管理局が連名で発表した「有効な訪中査証、居留許可を有する外国人の入境を暫定的に停止することに関する中華人民共和国外交部、国家移民管理局の公告」の一部の措置に関し、以下のとおり調整する。

2020年9月28日0時から、中国の商務(工作)、私人事務及び家族訪問(団聚)の有効な居留許可を有する外国人の入境を許可することとし、関連の者は新たに査証申請をする必要はなくなる。外国人が2020年3月28日0時以降に期限が過ぎた上述の三種類の居留許可を有している場合には、当該居留許可の所持者が訪中する事由に変更がないとの状況下にあれば、期限が過ぎた居留許可と関連資料により、中国の在外大使館・総領事館に相応する査証を申請し、入境することができる。上述の者は中国側の防疫管理規定を厳格に遵守しなければならない。
3月26日の公告のその他の措置は引き続き実施する。中国側は防疫・安全が確保されるとの前提の下、中国と外国の間の人の往来を徐々に秩序正しく回復させる。
ここに公告する。
中華人民共和国外交部
国家移民管理局



2020年8月7日
8月6日、内モンゴル自治区の包頭市衛生健康委員会は、ダルハン・ムミンガン連合旗で発生した腸型ペスト症例について、事実関係と注意喚起を発表してる。発表の概要は以下のとおり。
(1)8月2日に包頭市のダルハン・ムミンガン連合旗石宝鎮温都不令村から報告された1例の死亡症例について、同6日、専門家グループは当該症例は腸型ペストに感染し、循環器不全で死亡したものと判断した。
(2)専門家は、感染地区への移動をできる限り控え、発熱・咳などの関連症状が現れた場合は直ちに専門医療機関で診察を受けること、外出・旅行の際は、野生動物との接触をできる限り減らし、野生動物を捕獲し食べないこと、ノミ対策を徹底することなどの注意を呼びかけている。


(問い合わせ先)
在中国日本国大使館(領事部)
領事部・直通電話:(国番号86)-(0)10-6532-5964(09:00〜17:30)
上記以外の時間の電話番号:010-8531-9800



2020年7月22日
中国政府は、7月20日付けで、中国行き航空便の乗客に対し、PCR検査の陰性の証明を求める旨の公告を発表(内容は以下のとおり)。
一方、外務省は現在、中国全土を感染症危険情報レベル3(渡航中止勧告))としている。

(中国行き航空便の乗客の新型コロナウイルスのPCR検査の陰性証明による搭乗に関する民航局・海関総署・外交部による公告)
国際旅行の健康と安全を確保し、感染症が国境を越えて広がるリスクを低減するため、中国行き航空便の乗客に対し、新型コロナウイルスのPCR検査の陰性の証明による搭乗という方法を実施する。具体的な進め方は以下のとおり。

1.中国行き航空便に搭乗する中国籍・外国籍の乗客は、搭乗前の5日以内にPCR検査を完了しなければならない。検査は、中国の在外公館が指定又は認可する機関で行わなければならない。

2.中国籍の乗客は、「防疫健康コード」の国際版ミニアプリを通して、PCR検査の陰性証明の写真を撮影し、アップロードする。

3.外国籍の乗客は、PCR検査の陰性証明を以て中国在外公館に健康状況声明書を申請する。

4.関連航空会社は、健康コードの状態と健康状況声明書の搭乗前の確認を担当する。関連要求に適合しない乗客は、搭乗できない。各航空会社は、検査の手続きを厳格に履行しなければならない。

5.乗客は、虚偽の証明及び情報を提供した場合、相応の法律上の責任を負わなければならない。

6.中国大使館は、駐在国のPCR検査能力を真摯に評価し、条件が整った時に具体的な実施方法を発表する。


2020年7月20日
●北京市は、19日午後の記者会見で、6月16日に2級に引き上げていた突発公衆衛生事件応急対応レベル(※)を、7月20日0時から3級に引き下げることを発表しました(※1級が最も厳しく、4級が最も緩い)。併せて、引き下げ後も厳格に堅持される措置や引き下げに伴う主な変化などを発表しています。主な発表は以下のとおりです。

(北京市の主な発表)
1.応急対応レベルを3級に調整後も厳格に堅持しなければならない措置(主なものを抜粋)
(1)社区の常態化した予防・コントロールを厳格に実施する。
(2)公共交通機関の体温検査と公共場所の体温検査、健康コード確認などの措置を厳格に実施する。
(3)科学的にマスクを着用し、マスクを携帯することを堅持する。1メートル未満の距離で接触する場合、人が密集した場所、密閉した場所ではマスクを着用しなければならない。こまめに手を洗い、社会的距離を保つことを提唱する。
(4)海外から北京に入る者に対する全員集中観察とPCR検査を厳格にし、目的地が北京の国際便について指定した第一入境地点で入境することを堅持し、国内中・高リスク地区の者が北京に入る際の管理・コントロール措置を徹底する。


2.応急対応レベルを3級に引き下げた事に伴う主な変化
国の常態化予防・コントロールの全体的な要求に基づき,北京健康宝による登録・健康コードの確認を広く行った上で、以下の措置を秩序正しく調整する。
(1)公園、観光施設とスポーツジム、図書館、博物館、美術館等の室内外の場所を50%の人数制限で開放する。
(2)主催側の主体的責任を徹底し,消毒・風通しを厳格に行い、社会的距離を維持し、マスクを科学的に着用し、応急策を完備する前提の下で、約500人規模の会議を開催することを可能とする。
(3)評価を経て、順次、展示会、スポーツ大会、演出イベント及び映画館の開放について、人数制限をしながら実施する。


2020年7月03日
●北京市政府は,3日の記者会見において,7月4日0時から,北京市の低リスク地区の者が北京市を出る場合に必要としていたPCR検査陰性証明を求めないことを発表しました。なお,北京市の中・高リスク地区の者が,北京市を出ることは引き続き厳格に禁止されています。
ただし,北京市外の目的地においてPCR検査陰性証明を求める等の措置がとられている可能性もありますので,必ず事前に目的地の社区等に措置の具体的な内容や手続き等をご確認下さい。


2020年6月27日
27日,河北省安新県政府は,新型コロナウイルス感染症対策のため,同日より全県の各村,小区,建物に対する全封鎖管理(外来者・外来車両の立入り禁止など)を実施すると発表しました。措置の主な概要は以下の通りです。なお,安新県では,今般の北京市の感染症関連の症例が6月14日から28日までで13例確認されたとのことです。

(河北省安新県政府が発表した措置の主な概要)
●各村(小区,建物)関係者以外の外来者の立ち入り禁止。

●住民は特別な事情がないかぎり,外出をできるだけ減らす。各家庭は毎日1名の同居家族を指定し出入証を持参して生活物資を1回購入することが可能であり,出入登録(スキャン)と体温測定を行う。ほかの人員は,通院,感染症の予防・コントロールのため以外に外出してはならない。

●各村,小区,建物関係者以外の車は小区に入ることを禁止。すべての車両の出入りに対しては,運転手と乗車人員の出入証を確認。

●管理に従わず,職員の制止を拒み,外出を強行し,集団的な騒ぎを起こした者に対しては,公安機関は,法に基づいて厳正に処理する。

●措置の解除日時は別途通知する。


2020年6月19日
●北京市では,18日にも新型コロナウイルス肺炎の確定診断症例が25例確認され,今月11日からの累計で183例となりました。北京市は,25例のうち21例が北京市豊台区の「新発地農産品卸売市場」と関連があるとしています(残り4例は調査中)。感染者は北京市内9つの区(※)に及び,河北省(12例),遼寧省(3例),四川省(1例),浙江省(1例)など市外にも関連の感染症例が確認されています。 ※豊台区131例,大興区28例,海淀区7例,東城区5例,房山区4例,西城区4例,門頭溝区2例,朝陽区1例,石景山区1例

●北京市政府がこれまで発表した各種対策については,昨日までの領事メールでお知らせし,当館ホームページに掲載しておりますので,在留邦人の皆様はこれら対策に十分ご注意ください。

【中国大使館ホームページ】
(1)突発公衆衛生事件応急対応レベルの引き上げに伴う全15措置

(2)出京に関する措置,社区の封鎖式管理等 ※(1)の措置の出京,封鎖式管理に関する措置をより具体化したもの

●また,北京市以外の省・直轄市においては,北京から来る者にPCR検査陰性証明書の提示を求める,北京市内の中・高リスク地区に14日以内に訪問した者を隔離する等の措置が講じられています。その内容は地域によって異なるため,中国国内の移動を予定している方はご注意下さい。(リスク地区の説明,北京市のPCR検査実施機関については下記を参照下さい。)

●感染症の状況により,今後も更なる措置が発表される可能性がありますので,引き続き,関連する最新情報にご留意下さい。また,各社区や滞在先のマンション等によって措置が異なる場合がありますので,必ず事前に目的地の社区やマンション等に措置の具体的な内容や手続き等をご確認下さい。

●感染に警戒し,手洗い,人との安全な距離を保つ,密閉された空間や人が多く集まる公共の場所等でのマスク着用を徹底するなどし,感染予防に努めて下さい。

Photo by やわらん.  Base template by WEB MAGIC .   Copyright(c)2011 やわらん.net All rights reserved.