やわらん.net
    中国の世界遺産を探索。中国5000年の歴史を垣間見れる…雄大な世界遺産。

最新の世界遺産
2016年7月現在

世界遺産数:1052件

(内訳)
文化遺産数:814件
自然遺産数:203件
複合遺産数:35件

中国の世界遺産数:50件
(内訳)
文化遺産数:35件
自然遺産数:11件
複合遺産数:4件

やわらんが行った
中国の世界遺産

やわらんが行った
その他の世界遺産

スポンサーリンク

各年の世界遺産

各国の世界遺産

ホーム>世界遺産>中国世界遺産−明の十三陵(明王朝の古墳群)

中国世界遺産−明の十三陵(明王朝の古墳群)
          中国語で[明十三陵]中国語読みで[mingshisanling]
明の十三陵とは
明の十三陵とは、中国の北京昌平区天寿山にある明代の皇帝、后妃の陵墓群のことを指す。
2000年にユネスコ世界遺産に登録された。

明の十三陵には名前の通り13の皇帝、后妃の陵墓がある。でも現在公開されている、見れるのは3つしかない。
場所は北京市郊外(北京の西北郊外)市の中心から約五十キロ離れた燕山の支脈・天寿山の南麓に位置した場所にある。
八達嶺からも近く、天安門付近から毎日出発するバスツアーは万里の長城(八達嶺)と明の十三陵を二つ見学する観光ツアーが組まれることが多い。ちなみにやわらんたちもその現地ツアーに参加した。

公開されているのは下記の3つ
  長陵 ・・・・・第3代皇帝永楽帝の陵墓
  昭陵 ・・・・・第13代皇帝隆慶帝の陵墓
  定陵 ・・・・・第14代皇帝万暦帝の陵墓

公開されていない10の陵墓
  献陵 ・・・・・第4代皇帝洪熙帝の陵墓
  景陵 ・・・・・第5代皇帝宣徳帝の陵墓
  裕陵 ・・・・・第6代皇帝英宗の陵墓
  茂陵 ・・・・・第9代皇帝成化帝の陵墓
  泰陵 ・・・・・第10代皇帝弘治帝の陵墓
  康陵 ・・・・・第11代皇帝正徳帝の陵墓
  永陵 ・・・・・第12代皇帝嘉靖帝の陵墓
  慶陵 ・・・・・第15代皇帝泰昌帝の陵墓
  徳陵 ・・・・・第16代皇帝天啓帝の陵墓
  思陵 ・・・・・第17代皇帝崇禎帝の陵墓
やわらんが行った一つ「昭陵」
昭陵は大峪山東麓に位置していて、第13代皇帝隆慶帝と皇后3人が埋葬されている。
1985年6月から復元修繕工程が始まり、1987年4月に工事が開始され1990年8月に宰牲亭、神厨、神庫以外が完成。
1992年には宰牲亭、神厨、神庫の復元修繕工程が開始された。
明十三陵の中では大規模に復元修復された陵園である。
入り口付近の門
明の十三陵
明の十三陵
明の13陵
昭陵から見た景色。
北京郊外にあるため、周りは自然に囲まれている。自然というか、さびれているというか、真冬に行ったのでそんな感じがした。
明の十三陵

Photo by やわらん.  Base template by WEB MAGIC .   Copyright(c)2011 やわらん.net All rights reserved.